日比谷花壇の「ハナノヒ(イイハナ)」の口コミ・評判をブログで紹介。半額やクーポンコードについても

インスタで話題の日比谷花壇のサブスクリプション(定額制)サービス、

「ハナノヒ」。

半額キャンペーンや評判、クーポンコード、解約方法までブログで紹介します。

  • 日比谷花壇のサブスクってどう?
  • 他の花の定期便と比べてお得?
  • 日比谷花壇のハナノヒのプランの違いは?

など悩んでいる方にぜひ読んでいただきたい記事です。 

【悲報】日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」のイイハナが終了して値上げ

日比谷花壇のサブスク「ハナノヒ」のイイハナプランですが、2020年11月16日(月)から値上げしました。

毎日1本好きな花を選べる「イイハナプラン」は終了し、「イクハナプラン」月額1,987円(税別)に値上げ。

また、

月6回まで1回につき1本お好きな花を選べる「ココハナプラン」月額987円(税別)

月6回まで1回あたり900円分までのお好きな花が選び放題の「ツムハナプラン」月額2,687円(税別)が加わりました。

毎日1本好きな花を選べるイイハナプランが、1187円→1987円と値上げされるのは残念です・・・。

 

ハナノヒは店舗まで自分で受け取りに行く必要があるため、

おうちにいながらお花を楽しみたい方は、おうちに届く花の定期便ブルーミーがおすすめです♪

ブルーミーを見てみる

 

 

日比谷花壇のハナノヒってどんなサービス?ハナノヒの袋は有料?

▲日比谷花壇の店舗。

関東を中心に展開するお花屋さん、日比谷花壇。

日比谷花壇のハナノヒというサブスクリプション(定額制)サービスがあります。

  1. ハナノヒ専用のアプリをダウンロード
  2. アプリ上でクレジットカード決済
  3. アプリを使って店舗でQRコードを読み取る

以上の手順によって、お花が受け取れる仕組み。

日比谷花壇のハナノヒのプランは、月額制で4種類あります。

 

  • 1,187円・・・毎日1本、店舗指定のお花から1本選べる(※2020年11月16日(月)から値上げ)
  • 3,987円・・・1回につき1300円まで月6回選べる
  • 8,787円・・・1回につき3000円まで月6回選べる
  • 15,878円・・・1回につき6000円まで月6回選べる

わたしは、イイハナプラン(月額 1,187円)を利用してみました。

毎日一本、お花が店頭で受け取れるというプランです。

これまではもらえるお花が決まっていましたが、

今年4月から、店舗が指定した3~5種類の中から選べるようになりました♪

▲とある日のイイハナプラン専用のお花。

▲ハナノヒ専用の袋に入れて、持ち帰ります

2020年7月からレジ袋の有料化が始まりましたが、日比谷花壇のハナノヒの袋は毎回無料でいただけますよ。(2020年12月現在)

ハナノヒ(イイハナプラン)の注意点は?

とってもオトクなハナノヒですが、注意点があります。

ハナノヒは自分で受け取りに行く必要がある

日比谷花壇のハナノヒは、自分でお花を受け取りに行く必要があります。

残念ながら、配達には対応していません。

定休日がある日比谷花壇の店舗も

ほとんどの日比谷花壇の店舗は毎日営業していますが、定休日がある店舗もあります。

  • 札幌グランドホテル店11時~19時 定休日:月
  • 札幌パークホテル店 11時~18時 定休日:月
  • ホテルメトロポリタン仙台店 10時~17時 定休日:火

特に、毎日1本もらえるイイハナプランだと、定休日がある分、店舗によっては損をすることも・・。

外出するのは避けたい・・・

自分でお店まで取りに行くのは面倒・・・

という方は、自宅のポストに届く、花の定期便ブルーミーがおすすめ♪

ブルーミーを見てみる

ハナノヒのイイハナプラン(1187円)でどんなお花がもらえるの?

毎日お花が一輪もらえる、ハナノヒのイイハナプラン。

ハナノヒのイイハナプランでこれまでどんなお花がもらえたのか?ご紹介します。

アルストロメリア

チューリップ

カーネーション

カラー

スイートピー

ハナノヒを利用して1年たちますが、これまでいただいたお花は以下の通り。

  • カーネーション
  • ガーベラ
  • バラ
  • チューリップ
  • 葉牡丹
  • フリージア
  • スイートピー
  • ラナンキュラス
  • スターチス
  • アルストロメリア

などなど。

イイハナプランで選べるお花の値段は200円くらいのものが多いので

月7回以上お花を受け取ることができれば、元は取れると思います。

ただ、店舗によってはバラやカーネーションがイイハナプランの選択肢になかったり、

花ではなく草や実、枝の日が多いという声も聞くので

その点は注意です・・・。

ハナノヒのアプリの口コミを見てみると、「店舗によって、花のラインナップの差が激しい」という声も。

スポンサーリンク

日比谷花壇のハナノヒのメリット・デメリットは?

日比谷花壇のハナノヒを利用してみてメリットに感じたことです。

  • とにかくお得
  • バラなど高いお花をもらえることもある(店舗にもよります)
  • 毎日いろいろなお花をもらえるので、楽しい

反対に、日比谷花壇のハナノヒのデメリット(注意点)は

  • 自分で店舗へ受け取りに行く必要がある(外出自粛の今は少し怖い・・・)

外出が自粛されているいま・・。

店舗へ行かないと受け取れないというのは一番のデメリットではないでしょうか。

そんなときには、自宅にいながら受け取れる、おうちに届く花の定期便ブルーミーがおすすめですよ♪

ブルーミーを見てみる

日比谷花壇のハナノヒの招待クーポンコードは?

ハナノヒの招待クーポンコードについて調べてみましたが、特に配布はしていないようでした。(2020年12月現在)

日比谷花壇のハナノヒは売れ残りって本当?

日比谷花壇のハナノヒはとってもお得なサービスなので、

売れ残りのお花なのかな?

と思っていましたが、実際にハナノヒを利用してみると売れ残りとは思いませんでした。

ただ、ここだけの話、店舗によっては、「少し傷んでいるような・・・」と思うお花をいただいたときも。

日比谷花壇の店舗によって、もらえる花が異なるので、最寄りの日比谷花壇店舗のサービス次第な気もします・・。

日比谷花壇のハナノヒを利用するのは迷惑?

ハナノヒで毎日お花をもらいにいくのって、

店員さんにとって迷惑なのかな・・・?

と最初のころは思っていましたが、

私がよく行く店舗の店員さんはいつも笑顔で接してくださるので

安心して通っています♪

 

ただ、店員さんがほかのお客さんと接客中で忙しそうにしているときは、

少し時間を置いてから再度店舗へ行くようにすることも・・・。

午前中は比較的空いているので、夕方など混雑している時間を避けてお花をもらいに行っています^^

日比谷花壇の店舗によっては、セルフサービスで自分でお花をとって袋に入れる、というところもありますよ♪

また、「店員さんに気を遣うのはニガテ・・・」という方は、おうちに届くお花の定期便、

ブルーミーというサービスがおすすめですよ♪

→ブルーミーを利用してわかったメリット・デメリットを見てみる

ハナノヒの解約・退会方法は?自動課金なので注意

日比谷花壇のサブスク、ハナノヒを解約(退会)する方法ですが、

アプリから簡単に解約できます。

設定→決済情報→パスポート解約

からすぐに解約できます。

自分で解約をしないかぎり、毎月自動で課金されるので注意が必要です。

スポンサーリンク

ハナノヒを利用してみて思ったこと

日比谷花壇のハナノヒを利用するようになって、

きょうはどんなお花がもらえるかな?

と毎日の楽しみが増えました^^

自分で受け取りに行く必要はありますが、

花の名前が知れたりとメリットがたくさんなのでおすすめです。

日比谷花壇のハナノヒとブルーミー、どっちがいい?

日比谷花壇のハナノヒは、自分で店頭へ受け取りに行く必要があります。

  • 日比谷花壇が近くにない・・・
  • 自分で受け取りに行くのは面倒・・・

という方は、おうちに届く花の定期便ブルーミーがオススメ。

ポストに投函してもらえるので、不在時でも受け取れますよ。

【口コミ】お花の定期便「Bloomee LIFE」を利用してわかったメリット・デメリット

↑実際に利用してみたので、よかったら読んでみてくださいね^^

ブルーミーを見てみる