【口コミ】日比谷花壇の定額制サブスク「ハナノヒ」を利用するメリット・デメリット

こんにちは、あんずです。

今回は、日比谷花壇のサブスクリプション(定額制)サービス、

ハナノヒを利用してわかったメリット・デメリットについてクチコミします。

  • 日比谷花壇のサブスクってどう?
  • 他の花の定期便と比べてお得?
  • 日比谷花壇のプランの違いは?

など悩んでいる方にぜひ読んでいただきたい記事です。

スポンサーリンク

日比谷花壇のハナノヒってどんなサービス?

関東を中心に展開するお花屋さん、日比谷花壇。

日比谷花壇のハナノヒというサブスクリプション(定額制)サービスがあります。

ハナノヒ専用のアプリをダウンロードして、

アプリ上でクレジットカード決済し、ログインして
店舗で画面を見せるとお花が受け取れる仕組みです。

ハナノヒのプランは1,187円、3,987円、8,787円、15,878円の4種類がありますが、

わたしは、イイハナプラン(月額 1,187円)を利用してみました。

毎日一本、決まったお花が店頭で受け取れるというプランです。

イイハナプランでどんなお花がもらえるの?

毎日決まったお花が一輪もらえる、イイハナプランですが、

実際にどんなお花がもらえたのか、ご紹介します。

カーネーション

チューリップ

ガーベラ

カーネーション

バラ

ハナノヒを利用して二か月たちますが、これまでいただいたお花は以下の通り。

  • カーネーション
  • ガーベラ
  • バラ
  • チューリップ
  • 葉牡丹
  • フリージア
  • スイートピー

などなど。

日比谷花壇で買うと、1本400円~程するお花をいただくこともあるので

毎日店舗へ受け取りに行けないという方でも、充分元は取れると思います。

日比谷花壇のハナノヒのメリット・デメリットは?

日比谷花壇のハナノヒを利用してみてメリットに感じたことです。

  • 新鮮なお花が多い
  • バラなど高いお花をもらえることもある
  • 毎日違うお花をもらえるので、楽しい

反対に、日比谷花壇のハナノヒのデメリットは

  • 自分で店舗へ受け取りに行く必要がある
  • もらう花の種類を選べない
  • 花の種類がかたよることもある(カーネーション率が高いように感じました)

ハナノヒの解約方法は?

日比谷花壇のサブスク、ハナノヒを解約する方法ですが、

アプリから簡単に解約できます。

設定→決済情報→パスポート解約

からすぐに解約できます。

自分で解約をしないかぎり、毎月自動で課金されるので注意です。

ハナノヒを利用してみて思ったこと

日比谷花壇のハナノヒを利用するようになって、

きょうはどんなお花がもらえるかな?

と毎日の楽しみが増えました^^

自分で受け取りに行く必要はありますが、

花の名前がおぼえられたりとメリットがたくさんなのでおすすめです。

日比谷花壇のハナノヒとブルーミーライフ、どっちがいい?

日比谷花壇のハナノヒは、自分で店頭へ受け取りに行く必要があります。

  • 日比谷花壇が近くにない・・・
  • 自分で受け取りに行くのは面倒・・・

という方は、お花の定期便Bloomee LIFEがオススメ。

ポストに投函してもらえるので、不在時でも受け取れますよ。

【口コミ】お花の定期便「Bloomee LIFE」を利用してわかったメリット・デメリット

↑実際に利用してみたので、よかったら読んでみてくださいね^^

 

お花の定期便Bloomee LIFEをみてみる